さらりとオシャレしよう|小物やジャケットを工夫する|30代メンズファッションのポイント

小物やジャケットを工夫する|30代メンズファッションのポイント

メンズ

さらりとオシャレしよう

男の人

やっぱり全体的にステキ

オシャレな人もそうでない人も、毎日着て行くオトナの制服でもあるスーツ姿位は、ビシッとカッコよく決めたいです。冬になると長かったクールビズもひと段落して、きちんとネクタイをする毎日です。出来れば汗もかきにくい冬場こそは、スーツも一流ブランドの物を着こなして欲しい所です。営業で色々な人に合うなら、最低限オシャレで素敵なブランドネクタイを締めてがんばってもらいたいです。やっぱりお値段はするものの、それに見合った美しい生地の光沢感や、デザインなどもセンスがきらりと光る素敵な物が多くて、付けていると安い物より華やいで見えます。首元が明るいと表情や顔移りも良く、人物評価も上がります。例えブランドロゴが無くても、良い物は見ればわかります。

いかにもじゃないのがいい

某フランスのロゴが人気ブランドや、イギリスのチェックで有名なブランドなど、ブランドイメージとデザインが結びついている柄やデザインもありますが、個人的には有名どころのブランドネクタイを付けてますという見てくれ感はあまりなく、さり気なく良いネクタイを付けている控えめながらもしっかり上質な商品を身に付けている落ち着いた大人のオシャレを心得ているデザインのネクタイがお勧めです。生地や糸の光沢感や、ありそうでない上品な色目など、やっぱり一流と呼ばれる物から、オシャレなセレクトショップのネクタイまで、上に行けば行くほど上質な生地感で、ネクタイの品位が全く異なってきます。光彩や角度によって雰囲気も違って見えたり、シルクの上質な生地には立体感が生まれてきます。